2020 獅子座満月

2020年、関東は暖冬の2月を迎えています。
寒暖の差はありますがもう春を思わせるような暖かい日が何日も。

嬉しいような、ちょっと物足りないような2020の冬ですが、山羊座に星の集まるこの1年は伝統や季節の節目を大事に過ごしたいなと、先日の節分・立春に寄せて苺大福を作りました。大好きな和菓子。あんことイチゴの組み合わせ、考えてくださった方に大感謝🍓

 


 最近の星と社会の動き

日々を精一杯楽しもうとする一方で、新聞やニュースを見ると、オーストラリアの森林火災、新型肺炎、老朽化したインフラが起こす問題など、途方に暮れてしまいそうな問題がズラリ。
 
山羊に土星・冥王星・木星が集まり、牡牛の天王星も効いている最近の星空。老朽化したシステムや今は通用しなくなった古い常識が、どんどん覆されていく流れが出ているのでしょうか。
続きを読む….

2020:水瓶座の新月

水瓶座の新月は 太陰暦(旧暦)でいう元旦。
日本でも「旧正月」や「春節」として知られています。
先週、横浜の中華街に行ったのですが、すでに春節の準備が始まっていました。

 
 
どこにでも「中国」の街を再現してしまうエネルギーにいつも圧倒されてしまいます。パワフル🔥そして何でも美味しそう❣️

今回のコラムは「新出発」を後押しするエネルギーに満ちた水瓶座の新月について、おすすめの願い事などをまとめました。
続きを読む….

蟹座の満月

明けましておめでとうございます!
年末年始いかがお過ごしでしたでしょうか。
私は夫の故郷でお城を見たり、郷土料理を食べたりと、のんびり過ごしました☺️
お年賀は東京に戻ってから慌てて製作💦 かわいいのが出来ました♪
(十二支の昔話にちなんで、牛の背に乗るネズミの絵を描いてみました。)

 
 

七草の日も過ぎ、明日 1月11日は鏡開き。
そして、2020年最初の満月の日です。
時間は午前4時20分頃。蟹座の満月で、別名ウルフ・ムーン。
満月の半分が、地球の影に隠れる「半影月蝕」になるようですね。神秘的な姿が今から楽しみです。
続きを読む….

山羊座新月 & お知らせ

 山羊座新月

クリスマスの翌日、12/26(木)は山羊座の新月。
今回の新月は太陽が部分的に隠れる部分日食でもあり天体ショーとしても楽しみ。
 
占星術のホロスコープチャートで星の配置を見てみると、何かが始まる空気に満ちた勢いを感じます。
 

 
山羊座の中に太陽、月、木星、土星、明王星の5天体が集まり、これから始まる貴重な1年をほのめかすような星の配置。
続きを読む….

近況&お知らせ

久しぶりのブログ更新です。

気付けば師走も半ば🎄
1年とっても長かった!今年のお正月がもう何年も前のことのようです。

12月12日の双子座の満月、開放感を感じる美しい満月でした🌝✨
 
ちょうど月が満ちる14時ごろに 力を入れて取り組んでいた仕事がひと段落してホッとひといき。安堵の中でチーズケーキを頬張りつつ、射手木星の余韻を手放すような気持ちでこの1年の様々なシーンを思い返していました。
 
今回は個人的な内容ですが、お知らせを兼ねて射手木星の1年の振り返りを✏️
 
👇開放感に浸りながら焼いたチーズケーキ🍰

続きを読む….

[wildcolor] 天然石のピアス

発色の良いブルーとグリーンのピアスが出来ました。
ブルーはカイヤナイト、グリーンはクロムダイオプサイト、という天然石です。
どちらも探究心、勇気、深い知恵、といったキーワードを持つ石で、心の落ち着きと前向きさを引き出す組み合わせになっています💎
 

 
続きを読む….

水星逆行の真意とは

2019年7月8日に、今年2度目の水星逆行が始まります。
毎回、逆行の前に大事な連絡や買い物は済ませておこうとソワソワするのですが、水星逆行のプラスな面をもっと活用したいですよね。

何かと否定的に取られがちな水星逆行について、アメリカの占星術氏 Steven Forrest 先生が深く掘り下げた記事を書いて下さっていました。個人的に大好きな先生で、今回の記事もとても良い学びになりました。

せっかくなので多くの人に読んでいただきたく、早速日本語に翻訳しましたので掲載いたします。とっても長い記事ですが、ご興味のある方はぜひお読みください😊
 

 
続きを読む….

2019夏至 : 自分軸を再確認

6月22日は夏至。
北半球では最も日照時間が長い1日。この日を境に昼の時間が短くなります。日本の農耕文化で考えると、春のはじめから育てた苗を、土を起こして水を入れた田んぼに植え付ける時期。夏至の頃には植え終わり、小さな苗がずらりと並んだ水田が仕上がります。苗はたっぷりの水と光を浴び、雑草や害虫がつかないようこまごまと手入れをされながら生き生きと成長し、秋に実をつけます。
 
(👇小豆島の千枚田の写真:2016.07)
 

 
今回のコラムでは、西洋占星術における「夏至」の意義を振り返りつつ、今年の夏至図を読んでみました。
 
続きを読む….