2020 : 乙女座の満月

3月10日(火)、AM 2:46頃に満月です。
魚座の太陽と乙女座の月が引き合い、木星にサポートされる優しい雰囲気。
パンデミックに震える世界ですが、星のメッセージからは「悲観」を感じません。ただ様々な面で「変化」を促されていることは確か。

この満月は、3月20日の春分に 牡羊座からまた新しい1年のサイクルが始まる前に 心の準備をする意味で、大切にすべきものや手放すべきものを考える良い機会になりそうです。



 サビアンで読む満月チャート

今回は、占星術の主要10天体それぞれが示すサビアンシンボルをメインに満月のチャートを読んでみました。冥王星のシンボルから順に読んでいくと 今の社会状況が目に浮かんできます。
 
📌抗えない影響力:冥王星・海王星・天王星

    ♑️ 冥王星:#25「東洋の敷物を扱う商人」
    新しいものをよその文化から持ち込み新鮮な活力を加える。

    ♓️ 海王星:#19「弟子を教え導く師匠」
    型にはまらず自由な発想で考えて指導する力。

    ♉️ 天王星:#5「開いた墓の前に立つ未亡人」
    過去を捨てて人生の価値を自分で開いていく決意。

経験したことのない新しい状況が持ち込まれ、時代が刷新されていく流れが生まれます。
頼るものを過去に探すより、古い型を捨てて、国や組織、世代間の連携の仕方を開拓していくことを後押しされているように思えます。


📌社会天体:土星・木星

    ♑️ 土星:#29「お茶の葉占いをする女」
    社会の行末や限界を客観的に予見する力。

    ♑️ 木星:#22「敗北を優美に認める将軍」
    勝ち負けよりも大切なものを見つめる力。

過剰な悲観や 考えなしの楽観主義ではなく、まっすぐに社会の行末を見つめる知恵と胆力が必要な時。国益のためだけの情報操作は鋭く指摘され、時代遅れのレッテルを貼られてしまいそうです。

国家間の対立ではなく一人一人の温かい日常生活を守るために、知恵を出し合い協力し合う体制を築いて欲しい。ごく当たり前の希望ですが、まだ様々な政治の軋轢(あつれき)の中でそれはとても未熟なままです。

天王星が牡牛座に入り、SNSやネットを通じた情報が最速なものとなりつつある今、試行錯誤はあるものの信頼のおける良いアイデアが世に出て、垣根を超えた協力関係がスピーディーに作られる状況が出来て行くと良いなと思います。


📌個人天体:火星・太陽・金星・水星・月

    ♑️ 火星:#16「体操着の子どもたち」
    訓練や義務も助け合いながら遊びの一環として取り組む。

    ♓️ 太陽:#20「夕食のために用意されたテーブル」
    求められたら惜しみなく与える。共に過ごす時間の中で心を伝える。

    ♉️ 金星:#6「渓谷に架ける橋の建設」
    生まれ育った環境の異なる相手と意思疎通をする努力。

    ♒️ 水星 Rx:#29「さなぎから姿を現す蝶」
    自分の可能性を存分に解放する。

    ♍️ 月:#20「キャラバン車」
    自閉せず仲間と協力を楽しんで新しい目的に向かう。

日常生活や人間関係、働き方が変わり、まだ見ぬ未来に踏み出す姿勢。
新しい考え方を受け入れる柔軟さや、自立心を持った上での協力関係の大切さが強調されています。

初めて体験するような事態が次々と起こる中で、多様な才能を持った人々が同胞としてテーブルを囲み 楽しく たくましく 新しい世界を生きていく姿が理想像として浮かびます。


 満月に見つめること、手放すこと

満月は、自分の可能性を見つめ直し、その行動を難しくしている癖を手放していくのに良いタイミング。上記のシンボルを意識しつつ、乙女座の満月に「フォーカスすること」と「手放すこと」を以下にまとめました。

     フォーカスすること

    ・ 求める人には惜しみなく力を貸す
    ・ 結果だけでなくプロセスを大事にする
    ・ 相手の力を生かす
    ・ 焦らず時間をかけて理解し合う
    ・ 話し合って新しい答えを紡ぎ出す
    ・ すべてに意味があると信じる

     手放すこと

    ・ 一人で抱え込み 決める癖
    ・ 任せれば良いという依存性
    ・ 理解できないと決めつける閉鎖性
    ・ マイナスな思考を追いかけない
    ・ 思い通りに型にはめようとする頑固さ
    ・ 結果が出ない事を無駄だと思わない

水星はこの満月の数時間後に逆行を終了し、「さなぎから姿を現す蝶」のシンボルから再出発。それぞれが満月の光を感じ、ここから改めて 自分らしさを自由に広げていけますように🦋


 長く続いているアスペクト

また、サビアンシンボルのほかに、年明けからずっと気になっていたのが以下の二つのアスペクト。

    ✏️ 天王星と海王星の45°:
    2020年1月中旬〜4月下旬まで。
    証拠や形のないものがネットワークを介して広がる。

    ✏️ 太陽と金星の45°:
    2020年2月末〜 4月中旬まで。
    センスや純粋な楽しみを凝縮。重さや不自由を感じながらも、独自の感性が磨かれ、自分の力にしていく。

45°は、ホロスコープの円を8分割するアスペクトで、数字の「8」や「蠍座」的な要素が参考になります。圧縮、再生、変容というキーワードがあり、ストイックな取り組みで力を増していく意味があります。

ウイルスやそれに伴うデマの拡散、外出やイベントの中止で生活や意識に大きな変化が生まれた期間と重なるように見えるのは気のせいでしょうか。

デマにも振り回されながらではありますが、SNSやメディアを通して毎日をなんとか楽しく過ごせるような工夫が生まれたり、リモートワークの良さや難点が明確化したり、という新しい「良さ」が生まれている事も見逃せません。

移動が思う通りにできない状況で窮屈さや辛さも沢山ですが、これからの世界を考えるための良いヒントもザクザクと出てきているように思います。

もしこれをウィルス騒動と連動して考えて良いものであれば、せめてゴールデンウィーク頃には落ち着いていると良いな、と心から願うばかりです。

今は歴史に残るパンデミックの様相を見つめつつ、それでも負けじと喜びを生み出していく人間の強さがさらに増して行くように深く祈りましょう🙏🌙


 「運を動かす星占い」

こんな時だからこそ、それぞれの星座の良さが引き出せますように。そんな思いを込めて書いた「運を動かす星占い」。3/9の週の記事がWomen’s Healthよりアップされました。
 
👉「運を動かす星占い」3月9日~3月15日の運勢は?
 

 
楽しんでいただけたら嬉しいです☺️
良い満月の夜をお過ごしください。
 

(ヨーグルトとグラノーラバー。腸活で免疫UPの図✊)
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です