進行の月のサビアン:天秤2度

プログレス月のサビアンシンボルが、天秤サインの2度へ。
「6番目の時代の光が7番目のものに変質する」

6という数字は呼応や反応を意味し、7はそれまで手に入れた成果を元に積極的に自己実現をする、という内容。

天秤サイン1度では、蝶の標本でした。
自分とは何ものなのか、わかりやすく包み隠さず周囲に見せて様々な反応を得たあと、
天秤サイン2度は、7番目のものへの変質。
つまり社会で完全な自己実現をしようと、手当たり次第、試してみるというサイン。

自分の内面に閉じこもることをやめて、身近なところからあれやこれやと試してみたくなるみたい。
対岸の牡羊サインでは、動作や衝動がキーになるけれど、天秤サインでは目に映像的に見える形が重要になるみたい。

今回もやっぱり、その通りかも。
戸惑いもかなりあるけど、試してみたい衝動の方が勝る感じ。

プログレス天体ってほんとにぴったんこだな。
そういう時期だと思って走り抜けよう。
 

 
参考文献: 『愛蔵版 サビアン占星術』 松村潔 著

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です