木星・海王星の90°とお年玉キャンペーン



2018年12月29日ごろから2019年2月1日ごろまで、射手座の木星と 魚座の海王星が タイトなスクエア。(オーブ3度)

ちょうど年始から SNSで大金のお年玉を大勢にプレゼントする夢の企画が始まり、ずるずると拡大している状況が このアスペクトの影響の一端のように思えます。

このニュースと絡めて、射手の木星、魚の海王星のスクエアを見つめてみました。


▼ 射手 x 木星

射手サインは、高い精神性を持ち、夢や希望、理想を追求するサイン。はるか遠い国や地域の教えや信仰、思想、文化、文明などに思いを馳せ、人々を幸せにする「宝」を探し、良いと確信できたものを推進・拡大します。また、他者を激励して希望を持たせる事で相手と自分の心に火を灯し、生きる力にします。
善いと信じるものを見つけ、学び、広げ、増やし、気持ちを高める、というサイクルを繰り返すのが特徴。

行き過ぎると、個人の思い込みのまま人心を煽ったり、楽観性や抽象性が強まって現実味が損なわれたり、拡大しゆく物事を放置したり、という感じ。
(射手・木星の拡大は、山羊サインが固める国家や地域、城壁の中での拡大を意味し、公共や常識の範囲内での拡大という形になります。)

木星は射手サインの支配星。
木星が射手サインに滞在する間は、上記のような射手サインの資質が素直に発動。チャンスや夢を追求すると飛躍的に伸びるとか、理想のために学習してするのに良い時期とも言われます。

▼ 魚 x 海王星

魚サインは、全てを受け止めて、その中で真に美しいものを選別し守り引き継いでいくサイン。槍も剣も、常識や法律、城壁も時間も役に立たない、霧や蒸気に包まれたような不思議で魅力的な世界観で、本当に大切なもの、次の世代に引き継ぐべき宝や力を守り、純化していきます。お祭りやパーティー、お酒、映像美、スピリチュアルな世界も魚サインで語られます。

魚サインの裏の一面は、理性より感覚や感情が優先になってしまう、曖昧な反応で真意を隠す、混沌とした無秩序な状態を引き起こす、といったことが言われます。

海王星は魚サインの支配星。魚サインの示す特質を現象や性格として世に出していきます。時間や空間の制約なく、緩み、溶け出し、霧のように広がっていく魚・海王星。
もたらされるのは「癒し」か「カオス」か、というイメージです。

▼ 木星と海王星のスクエア

2018年の12月初旬から約1年、木星はホームサインの射手座に滞在し、この期間は海王星も同じくホームサインの魚座に滞在します。

そして冒頭に書いた通り 2018年12月29日ごろから、2019年2月1日ごろまで、射手座の木星と、魚座の海王星が90°の位置関係。

射手木星が夢や理想を拡大するチャンスを人々に示し、魚海王星が「ここまで」とか「善悪」といった壁を曖昧に溶かしてどこまでも広がっていきます。

▼ 木星と海王星のスクエアと「お年玉キャンペーン」

上記のような木星と海王星のスクエアの質を考えると、どうしても ZOZO前澤社長が始めた100万円を100人に(1億円)プレゼント の企画と重なります。

なんて太っ腹な企画。確かに夢があります。
既に確固とした社会的地位を築き、注目されている前澤氏だから信頼の上で広がった企画だと思いますし、ほぼ1週間という短期で、募集、当選者発表、100名分の送金まで完了しているのも抜かりない準備の結果だと思います。「純粋に夢を応援する」という企画で、実際に当選した人からは、家族旅行や、夢だった仕事の資金にしたり、途上国に寄付をしたという報告もありました。

ただ、このキャンペーン企画、夢を与えると同時に混乱を与えているもの事実。「こんな大金を簡単にバラまくなんて、モラルがない、気持ちがわるい」とか。「細かい事をいって尻込みするより、前向きに捉えるほうが勝ちだ」とか。賛否両論。

さらに、初めて見るような会社の経営者の方々が名声や売名を狙って同じような企画を始めたり、前澤氏の偽アカウントが複数登場して個人情報を不正に奪う詐欺を働いたり、と、文字通りお祭り騒ぎ。前澤氏はこの混沌とした状況に対して、良い面を評価しつつ「面白いから第二弾もやろう」とおっしゃっています。

ツイッター社からも前澤氏の開催したキャンペーンは違反ではないと明言がありましたし、メディアでも批判するでもなく評価するでもなく「こんなことになっています」といった事実報道のみだったり、偽物アカウントの見分け方を伝えて止まっています。

海王星と木星のスクエアは、良く利用すれば嬉しく楽しい形で夢や理想の実現につながりますが、煽られるままに行動すると醜いまでに膨れ上がり、混沌を広げる形にもなります。
明暗、どちらもしっかり見てとれて、この星並びの影響を実感します。

確たる思いから発した純粋な善意なのか、ただ煽られている薄っぺらな行為なのか、悪質な詐欺なのか、判断し見抜くのは個人の目。大金をもらえる、というのは単純に考えると幸運に思えますが、もらう人やコンセプトによっては心にシコリが残ります。お金ではなく主催している人をしっかり見て、調べ、信頼できるのであれば、企画に乗っかる、という自己責任の意識が大切。見極める自信がなければ、雰囲気に煽られずシャットアウトする、というので良いと思います。

夢や理想は、迷走や詐欺の世界と繋がりやすいポイント。いろいろな意見を自分のフィルターで吟味しながら、冷静に見極めましょう。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です