2018年、最初の水星逆行

★2018 水星逆行

2018年、今年は水星逆行が3回あります。
最初の逆行は3/23から 4/15まで。度数でいうと、牡羊サイン16度から4度まで戻ります。

占星術で太陽は、人生の意義を示す天体。
水星は、太陽の目的を果たすために動く天体で、情報処理と、コミュニケーションのための道や橋の役割をする天体と捉えられています。

そんな水星が逆行する期間は、コニュニケーションや交通、事務処理に関する障害が起こりやすいという兆候も実際にあるようですが、それを踏まえてしっかり見直しメンテナンスすることで、逆行期間終了後に今までよりも充実したコミュニケーションや情報処理、あるいはその能力を築いていけるというギフトが待っています。

水星は約1年で12星座を1周し、その間に1回3週間程度、合計3〜4回逆行しますが、
逆行している期間は、それまで何気なく水星が通過してきたサインに関する事柄を見直し、改めて取り組むための準備ができる大事な期間。

水星が逆行位置する位置や度数について理解を深める機会にすると、12サインについても深く学ぶことができそうです。
 
 

★牡羊サインの目的

今回は、牡羊サインの16度から4度までを逆行。
牡羊サインというと元気で活発、純粋でエネルギッシュなイメージ。純粋な冒険心で新しいことに果敢にチャレンジする性質が挙げられます。

そんな牡羊サインの真の目的は「自分の真の生き方を確率することを求めて旅する」こと。
0〜30度までに6段階あります。
1、自分の存在を主張する
2、自分のいる世界で、感受性を育てる
3、行動し挫折しながら自己を発展させる
4、他の意見を受けつつ安定性と強さを得る
5、自信を持って行動し、成果を得る
6、これまでの総括として自分とは何者なのか、自覚を高める
 
 

★今回の水星逆行のギフト

今回の水星逆行は、上記の2と3に関する場所で起きています。
自分のいる場所で、思い切って行動してきたこと、その結果失敗してしまったことがあったとしたら、この期間はをれを振り返る絶好の機会と言えそうです。
失敗のために意気消沈し、絶望しそうだったという人も、きっともう一度立ち上がれるはず。

あるいは、本当にやりたいこと、夢や希望を見つめる時間もなく毎日を過ごしていた、という人も、自分自身の本能や意志を見つめ直す良い期間です。
もう一度自分のやりたいこと、自分が何をしているときにキラキラしているのか、どう生きていきたいか、を考え直して、4月から新しい1年を過ごす準備をすると良いかもしれません。

春分を迎え、新しい1年が始まるときに、こういった逆行期間はありがたく感じます。
あらためてどう過ごそうか、今年の目標を立ててみようと思います。

そして。。
高度成長期を機にガンガン製造された道路、電車、飛行機、など公共交通機関はこの時期にしっかりメンテナンスしていただきたいものです。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です