進行の月のサビアン:天秤1度

少し前のことですが、2月の中旬にわたしの進行の月が乙女から天秤サインに移動しました。
なにか実感がある?と聞かれて、自分で説明できたのはとても曖昧な内容。

現状は、何ものかになるのではなくて、自分自身を打ち出して生きていこうと思いながらいろんなことに挑戦する毎日。
戸惑いや不安はあるけどそれをやっていこうと思えている状態。

だけどそれこそが天秤サインの最初に感じるものみたい。
天秤サイン1度のサビアンシンボルは
突き通す針により完璧にされた蝶 / A butterfly made perfect by a dart through it.

松村潔さんの『サビアン占星術』によると天秤の1〜5度は、「個性を確立することで開かれる未来に自分を委ねる」現場。
さらに進行天体が天秤1度の位置にあるときは「他人から自分がどう見られているかが気になるとともに、隠すものがなく、あからさまに人前に自分を出すという行為をしたくなります。」と。「かなり大きな転換期なのでまだ気の迷いは多い。」ともありました。

ぴったりすぎて笑ってしまいました。

たしかに今までは他人が見ている私と、自分が思っている私にとても大きなギャップがあったと思う。外に出していなかったから。
これからは自分の個性を打ち出していくことでそのギャップをなくし、自分の社会的な面での可能性をひろげていきたくなる。
活動宮の1度。プレッシャーは大きいけど進むしかないという度数。
このちょっとした苦しい感じも必然なのだなと思いました。

サビアン占星術、サインや度数の特徴が良く分かっておもしろい。
これからしっかり参考にしようと思いました。


 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です